--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/07/30

手術前検査と手術について(緑内障)

【6月29日】



この日の眼圧は(左眼30・右眼12)

左眼の眼内出血は、硝子体から眼球前面にも出血が回ってきたもよう。



血液検査は問題なし

手術(眼内義眼)は8月1日になりました

入院は2泊3日で退院は8月3日(土)の予定



昨夜から術前の内服薬と点眼液(オフロキサット0.3% )の追加あり









ここで、昨日のハナの様子と手術について書いておこうと思います。




昨日17時ごろ診察へ

通常通り、眼圧やスリット検査を受けた
3日前にわかった硝子体出血は前面にも回ってきており現在視力はなし。

義眼手術をお願いし、術前の採血をする。

と、ここでハナさん暴れるのかと思いきや
すごーくおっとなしく採血されていました。
もちろん看護師さんが支えていましたが、ほとんど微動だにせず
ちょーおりこうさん!
先生の注射がよっぽどうまいのかな?(^^)

血液検査の結果は問題なし
麻酔の方も安心して受けられそうです。









その後、先生に手術や術後についていくつか質問をしました。
ちなみに、↓ に書いてあることは、私のいい加減な耳で聞いた内容なので・・・(笑)



◎今回の義眼手術についてどのような手術なの?
義眼手術というと目の玉を全部ゴッソリ取り出して、目玉のおやじみたいな
義眼を挿入?と思いますよね。
でも、そうではなく、簡単に言うと、目の表面の膜(角膜)と白目の部分を残して
それ以外(硝子体や水晶体など)を取り出し、
そこにシリコンのボールを挿入、角膜を縫合するという手術だそうです。


◎義眼のシリコンボールにサイズはあるの?
あります。
現在は1ミリ間隔でサイズの違うシリコンボールがある。
実際どのサイズを使うかは、片方の目のサイズに合わせる。
ハナの場合15mmぐらいかな?

ジャストサイズに合わない場合は、基本小さめを使うけれど
大きく見えた方がいいと要望があれば大きめを使うこともできる。
ハナさんは見た目より予後のことを考え通常通りジャストサイズか小さめで。


◎術後の目(シリコンボール)の色と、ドライアイについて
術後の色については、何色に見えるかわからないけれど、グレーに見えることが多いよう。
黒く見える場合もあるが、その場合ドライアイになることが多い。

緑内障が進み目が大きくなってくると(牛眼化)、義眼手術後にドライアイになりやすい。


◎手術直後の黒目のカタチについて
ハナの場合、既に左眼が大きくなっているため、右目と同サイズのシリコンボールを入れると
もちろん隙間が出来るが、その隙間は徐々に小さくなっていく。
その際、黒目のカタチが楕円に見えたりするため、黒目が横に大きく飛び出たように
見えるかもしれないけれど、一時的なものなので心配はなし。


◎角膜を縫合する糸は?
糸は溶ける糸です。
縫合部分は正面から見て上部なので普通では見えない。
縫合した糸は約1ヶ月で徐々に溶ける。


◎術後は血混じりの目ヤニが出ますが、これも数日でおさまります。





あさっては笑顔でハナを送り出したいと思います!


079-12.jpg 

いつも応援してくださるみなさん、本当にありがとうございます。。。

ハナさん がんばってきまーす ^^b♪



スポンサーサイト
日々のあしあと。 | Comments(4)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。